ミノキシジルタブレットにはどんな効果があるのか

もともとは高血圧の人向け

もともとは高血圧の人向け | 副作用が強め | 健康な髪の毛を作り出す第一歩

ミノキシジルタブレットはもともとは高血圧の人に処方されてた降圧剤ですが、服用している人から髪の毛が生えてきたという報告があったことからAGAの治療薬として服用されるようになりました。
外用薬としてのミノキシジルもあるのですが、内服薬に比べると効果が薄いと言われています。
これは頭皮にはもともと外部の刺激から細胞を守る作用があるため、成分がなかなか皮膚に浸透しないということが理由のためです。
それに比べてミノキシジルタブレットはミノキシジルを経口摂取することにより、血液に乗って全身の細胞に行き届くことが効果が高い原因だと言われています。
ミノキシジルタブレットの効果は血管を広げる作用で血圧を下げることです。
血管が広がればそれだけ血管の中を多くの血液が流れるようになるので、身体中に栄養素や酸素が行きわたりやすくなります。
成分が全身に行きわたるので、頭皮の毛根一本一本にまできちんと成分が届けられます。
この作用により大きな発毛効果があると言われています。